業者選びの注意点

化粧品

管理能力をチェック

化粧品の輸入には様々な障壁があります。化粧品の輸入に限らず、製造や販売については「薬事法」が大きな障壁となっており、それらをクリアして輸入、製造、販売するのはかなり大変なことです。大掛かりな輸入を行うのならともかく、ちょっとだけ海外の化粧品を取り扱いたいという場合などは、それに対応したスタッフや設備を備えるのはコストが見合わないことになります。そんなときに便利なのが化粧品輸入代行業者です。化粧品輸入代行業者は、物流業者や倉庫業者、製造業者が行っていることが多く、面倒な諸手続をすべて代行してくれます。自社でスタッフや設備を抱えるコストに比べたらはるかに低コストですみ、手間もかかりません。化粧品輸入代行業者を選ぶときは、すべて代行してもらう分、品質管理能力がきちんとした業者を選ぶ必要があります。化粧品輸入前には、日本人が使っても問題ないかを薬事法に従いチェックするという課程があります。このときに副作用などについても調べることになります。このときのチェックがきちんとしていないと、国内に流通してから副作用や健康被害が出た場合、回収の手間とコストがかかるばかりか信頼も地に墜ちてしまいます。こうなってから信頼を取り戻すのは至難の業なので、化粧品輸入代行業者を選ぶ段階できちんと下調べをしなければなりません。検査体制や品質管理体制についてきちんと資料やホームページで説明がなされているか、信頼に足るものかを確認しておきましょう。

オススメ記事

海外ブランドを日本へ

女性

海外ブランドの化粧品を日本で販売するには、手続きや成分表示など様々な過程があります。陳列するまでに掛かる時間やコストを削減する方法に、化粧品輸入代行業者の活用が選ばれています。化粧品輸入代行業者に依頼する事で、輸入から陳列までトータルサポートを受ける事ができます。

詳しく見る

業者選びの注意点

化粧品

化粧品を輸入するときは化粧品輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。薬事法に基づいた検査や管理、手続きなどを代行してくれるので自社でスタッフを抱えるよりも手間がかからず低コストですみます。品質管理体制がしっかりしているところを選びましょう。

詳しく見る

輸入を代行してもらう利点

トラック

海外化粧品は国内でも人気であり、海外から輸入して販売した企業も多くあります。しかし輸入の際は海外と国内の法律が違うので、様々な手続きが必要になります。現地企業との交渉も必要であり、言葉と手続きの壁があります。その壁を取り除き、迅速に企業を支援してくれるのが化粧品輸入代行業者です。

詳しく見る

化粧品の輸入代行業務

メイク用品

海外には国内とは異なる成分を含むコスメが多数存在します。これらの化粧品を国内の企業が販売するためには、化粧品輸入代行業者の専門的なサービスを利用して書類作成や検査業務を請け負ってもらうことが必要になります。

詳しく見る