化粧品の輸入代行業務

メイク用品

国内販売で必要な手続き

海外には国内では生産されていない優れた成分を含むコスメが非常に多くあります。これらの製品を国内企業が仲介し正規販売することが出来るようにするためには、多種多様な作業が要求されるのです。具体例としては、さまざまな成分分析の検査に加え、行政手続きや通関手続きなど多岐にわたる手続きが必要になります。これらの作業は専門性が高く、経験豊かな事業者により多岐にわたる申請業務を代行してもらうことが必要なのです。そのため、化粧品輸入代行に長年携わっている事業者に輸入手続きを代行してもらうことが必要です。国内には化粧品輸入代行を行っている専門事業が複数見受けられます。これら代行業者を利用する上では事業者の信頼性や経歴を基本とし、コストや納期、検査技術の種類なども把握しておことが必要です。化粧品輸入代行を希望する場合、初期的な費用が発生します。これは企業が海外製品を輸入する際の通関業務などで、これを申請するための書類作成が不可欠です。また、国内で海外化粧品を販売できるようになるためには国内基準に適合することを証明しなければならないのです。そのため化粧品輸入代行のサービスを利用して安全性を証明することが必要になります。これは一商品につき数万円程度のコストが必要になりますが、身体に影響のない成分であることを証明するために不可欠な検査です。さらに、各種の書類作成は公的な機関に提出するためには重要なものです。これらの書類は販売する製品の性質により複数の書類作成が必要になるために予め確認しておくことが重要です。

オススメ記事

海外ブランドを日本へ

女性

海外ブランドの化粧品を日本で販売するには、手続きや成分表示など様々な過程があります。陳列するまでに掛かる時間やコストを削減する方法に、化粧品輸入代行業者の活用が選ばれています。化粧品輸入代行業者に依頼する事で、輸入から陳列までトータルサポートを受ける事ができます。

詳しく見る

業者選びの注意点

化粧品

化粧品を輸入するときは化粧品輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。薬事法に基づいた検査や管理、手続きなどを代行してくれるので自社でスタッフを抱えるよりも手間がかからず低コストですみます。品質管理体制がしっかりしているところを選びましょう。

詳しく見る

輸入を代行してもらう利点

トラック

海外化粧品は国内でも人気であり、海外から輸入して販売した企業も多くあります。しかし輸入の際は海外と国内の法律が違うので、様々な手続きが必要になります。現地企業との交渉も必要であり、言葉と手続きの壁があります。その壁を取り除き、迅速に企業を支援してくれるのが化粧品輸入代行業者です。

詳しく見る

化粧品の輸入代行業務

メイク用品

海外には国内とは異なる成分を含むコスメが多数存在します。これらの化粧品を国内の企業が販売するためには、化粧品輸入代行業者の専門的なサービスを利用して書類作成や検査業務を請け負ってもらうことが必要になります。

詳しく見る