女性

海外ブランドを日本へ

海外ブランドの化粧品を日本で販売するには、手続きや成分表示など様々な過程があります。陳列するまでに掛かる時間やコストを削減する方法に、化粧品輸入代行業者の活用が選ばれています。化粧品輸入代行業者に依頼する事で、輸入から陳列までトータルサポートを受ける事ができます。

詳しく見る

化粧品

業者選びの注意点

化粧品を輸入するときは化粧品輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。薬事法に基づいた検査や管理、手続きなどを代行してくれるので自社でスタッフを抱えるよりも手間がかからず低コストですみます。品質管理体制がしっかりしているところを選びましょう。

詳しく見る

トラック

輸入を代行してもらう利点

海外化粧品は国内でも人気であり、海外から輸入して販売した企業も多くあります。しかし輸入の際は海外と国内の法律が違うので、様々な手続きが必要になります。現地企業との交渉も必要であり、言葉と手続きの壁があります。その壁を取り除き、迅速に企業を支援してくれるのが化粧品輸入代行業者です。

詳しく見る

メイク用品

化粧品の輸入代行業務

海外には国内とは異なる成分を含むコスメが多数存在します。これらの化粧品を国内の企業が販売するためには、化粧品輸入代行業者の専門的なサービスを利用して書類作成や検査業務を請け負ってもらうことが必要になります。

詳しく見る

倉庫

円滑な海外化粧品の輸入

国内企業が化粧品輸入代行業者のサービスを利用して海外製品を販売するためには、予め重要なポイントを把握しておくことが求められます。とりわけ、国内で海外製品を販売する上では化粧品輸入代行業務の経験値や通関のノウハウが重要な役割を担います。

詳しく見る

個人利用か販売目的か

アイシャドウ

許可が必要

化粧品を海外から個人が利用する目的で輸入する場合は、規定の量の範囲内であれば自由に輸入できます。しかし、販売目的や大量に購入したいとなると薬事法が関わってきて、税関に必要な書類を提出しなければなりません。化粧品を海外から輸入する方法として便利なのが、化粧品輸入代行業者の利用です。通常企業が海外から化粧品を輸入する場合は、化粧品製造販売業の許可が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すると、煩雑な手続きをすることなく海外から化粧品を輸入できます。ただし、会社単独での輸入というわけにはいかず、化粧品輸入代行業者との連名となるようです。お試し程度の一時的な輸入であれば、化粧品輸入代行サービスはお手軽ですが、長期的に渡って販売したい場合は、面倒でも自社で許可を取った方がいいかもしれません。化粧品輸入代行サービスのご利用方法ですが、輸入許可手続きや通関手続きなどは、化粧品輸入代行業者がすべて行ってくれます。そのための手数料を支払うだけです。海外化粧品の輸入には2〜3ヶ月ぐらいかかります。海外の化粧品が日本の薬事法に対応できるかどうかは、成分内容などにもよりますからそれなりの分析期間が必要になります。化粧品は人の肌につけるものなので、十分に成分や商品内容を確かめてから輸入する必要があるでしょう。輸入を行う際には、海外の化粧品の情報にくわしい、信頼できる化粧品輸入代行業者に依頼しましょう。

オススメ記事

海外ブランドを日本へ

女性

海外ブランドの化粧品を日本で販売するには、手続きや成分表示など様々な過程があります。陳列するまでに掛かる時間やコストを削減する方法に、化粧品輸入代行業者の活用が選ばれています。化粧品輸入代行業者に依頼する事で、輸入から陳列までトータルサポートを受ける事ができます。

詳しく見る

業者選びの注意点

化粧品

化粧品を輸入するときは化粧品輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。薬事法に基づいた検査や管理、手続きなどを代行してくれるので自社でスタッフを抱えるよりも手間がかからず低コストですみます。品質管理体制がしっかりしているところを選びましょう。

詳しく見る

輸入を代行してもらう利点

トラック

海外化粧品は国内でも人気であり、海外から輸入して販売した企業も多くあります。しかし輸入の際は海外と国内の法律が違うので、様々な手続きが必要になります。現地企業との交渉も必要であり、言葉と手続きの壁があります。その壁を取り除き、迅速に企業を支援してくれるのが化粧品輸入代行業者です。

詳しく見る

化粧品の輸入代行業務

メイク用品

海外には国内とは異なる成分を含むコスメが多数存在します。これらの化粧品を国内の企業が販売するためには、化粧品輸入代行業者の専門的なサービスを利用して書類作成や検査業務を請け負ってもらうことが必要になります。

詳しく見る